CySECの規制はXMには問題ない

日本で展開している海外FX会社の多くが登録しているキプロスのCySECですが、この度無法な輩やマネロ絡みなどを取り締まるためによりいっそうの規制をかけることになりました。

 

具体的には次のとおりです

  1. 口座開設して最初のレバレッジは50倍まで
  2. 過度なボーナス制度の廃止(ボーナス制度は存続)
  3. 0カット制度の徹底(顧客に追証が出ないよう徹底)
  4. 証拠金の出金は原則翌日処理

 

内容を見てみればレバレッジ以外はほとんど投資家にとってはメリットのあるものです。

そもそもはマイナス残高を調整して0になるのが0カットですから、それが守られてなかった業者への徹底。さらに出金遅延などに対する徹底などは投資家にとっては嬉しいものです。

 

ただ問題はレバレッジが50倍になるということです。これをうけてFXPROやTradersTrustなどのCySEC登録ブローカーでは早速初期レバレッジを50倍に設定しています。これに対してXMはCySEC登録ではありますが、日本人が開設しているのはセーシェルライセンスのXMtradingなので基本的には規制下には入らないので問題ありません。まぁ初期レバレッジ50倍というのも、あとからちょっとした審査や本人確認書類の認証で解除できるので特別問題があるわけではなくなり、むしろ海外FX会社で真っ当なところを使っている人にとってみれば安全性が向上する有意義な規制といえます。

 

 

あわせて読みたい